2008年11月08日

コロ・フェスタ2008in川上村B

3日目は一日かけて、
文化センターうぐいすホールでメインコンサートが行われましたexclamation×2

なんと出演総数24団体……exclamation×2あせあせ(飛び散る汗)
ものすごく豪華な合唱祭だなぁ(笑)

地元の小学生のまっすぐな歌声に感動exclamationもうやだ〜(悲しい顔)ぴかぴか(新しい)
ただまっすぐなだけじゃなく、実力もしっかりしてました手(チョキ)
すごかったーよかったーるんるん



……んで。




肝心の自分たちの演奏ですが。




まず、Ensemble PVD
やっちまったーーーーーexclamation×2バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
演奏曲目は、詩:サッポー/曲:鈴木輝昭の『詞華抄(しいかしょう)』という曲だったのですが。
やってもうた……ふらふらたらーっ(汗)
ホントすみませんでした。
演奏中に藤井先生のご機嫌がみるみる悪くなっていくのが手に取るようにわかってしまった……雷雷

次は合唱団ゆうか
ゆうかでは詩:高田敏子/曲:三善晃の『五つの童画』より、「風見鶏」「やじろべえ」「どんぐりのコマ」の3曲を演奏しました。
演奏順がPVDの2つ後だったので、心なしか藤井先生のご機嫌がまだ良くなかったような気がしないでもない(笑…えないっ!がく〜(落胆した顔))
童画はひどいとかいうレベルではなかったとは思うんですが、正直言ってまだまだダメだなぁという手応えでしたふらふらたらーっ(汗)

どっちもまた出直してきますexclamation×2ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)



最後は長野県民なら誰でも歌えるという『信濃の国』を、寺嶋陸也先生の編曲で合同合唱ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
TS380154.JPG

最後は感動の大団円となりましたひらめき
TS380155.JPG



川上村。
気温こそ低かったけど、こんなに心が温かい場所ってそうそうないなと思いました。
全国からたくさんの人が集まって、そしてそれを川上村の皆さんが総出で支えてくださって、奇跡的に素晴らしいコロ・フェスタができあがったと思います。
川上村の皆様には、ただただ感謝するばかりですもうやだ〜(悲しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
本当にありがとうございました。




おしまいend
posted by エバえもん at 08:03| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

コロ・フェスタ2008in川上村A

2日目は世界初exclamation&questionの試み(らしい)、
合唱オリエンテーリングコンテストexclamation×2

中学校・ナナーズ(スーパーマーケット)・公民館・文化センターの4会場で歌った得点と、全行程4.4kmを歩いたタイムの合計で競い合うという前代未聞のコンテストexclamation(笑)
まぁ、順位とかは二の次で、川上村をすみからすみまで堪能しつつ楽しく歌う、って感じの企画でしたが(笑)、すごく楽しかったです晴れ

最初の川上中学校がまず素晴らしいexclamation×2
TS380133.JPG TS380132.JPG
地元の落葉松をふんだんに使った立派な校舎、謎のマシュマロマン(爆)、パイプオルガンまで備えた音楽室など、
次代を担う子供たちへの教育に対する並々ならぬ情熱が感じられる素晴らしい学校でした。僕もあんな中学校で学んでみたかった…!!ぴかぴか(新しい)
TS380137.JPG TS380139.JPG

ちなみにナナーズはこんな感じ。この真下では普通のお客さんが買い物しながら見上げているというなんとも微笑ましい光景(笑)
CIMG0544.JPG


お昼休憩のときにふるまわれた豚汁は、今までの人生で食べた中で間違いなく最高の豚汁でしたハートたち(複数ハート)
(写真撮っとけばよかった……ふらふら

CIMG0549.JPG CIMG0550.JPG
この日の川上村の天気は最っ高で、オリエンテーリングにはもってこいでした晴れ晴れ
ゆーったりと広がる青空・雄大にそびえ立つ八ヶ岳・眼下に流れる千曲川……もうホント最高すぎましたひらめきひらめきひらめき


最後の会場の文化センターでは、審査員たちが審議している間、地元の小学生が踊りと源流太鼓を披露してくれましたexclamationわーい(嬉しい顔)
CIMG0552.JPG CIMG0556.JPG
もうこの時点で感動しまくりで涙ダム決壊もうやだ〜(悲しい顔)しちゃいました……ダメだわぁ〜最近涙もろくってwww


オリエンテーリングの終了後は、最終日のメインコンサートに向けての前夜祭exclamation×2ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

ここでも川上村の郷土料理や名産がたくさん振舞われて、ホント幸せでした〜ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)
なかでも美味しかったのは、打ちたての信州そばセロリexclamation×2ひらめき
このおそば、あまりに美味しいので昔は年貢として大名に献上されていたとかexclamation&question
それも納得、ものすごくさわやかな香りとコシがたまらない絶品のおそばでしたわーい(嬉しい顔)揺れるハート
そして、セロリが美味しかったなんて書くと『ええっ?』って思う方も多いんじゃないかと思うんですが。
ふふふっ……手(チョキ)
本当に美味しいセロリはまったく苦みとかないんですよexclamation×2
さわやかーな香りと、ほのかな甘みがあるんですexclamationるんるん
まさに衝撃の味でした……!!!!初めて心の底からセロリが美味しいと思えましたぴかぴか(新しい)
他にも地酒や信州ポークやおやきやイチゴや牛乳や……ムフフ、最高すぎー(長音記号1)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)


宿に戻ってからは、星を見に行ったら小型の熊か野犬exclamation&questionらしき謎の珍獣に遭遇したりとか、寝てる梨大生の顔にカメムシを落としたりとかいろいろな珍事がありましたが(笑)(笑)、このへんで3日目に続きますexclamation×2右斜め上
posted by エバえもん at 00:29| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コロ・フェスタ2008in川上村@

11月1〜3日の3日間、
長野県は川上村で行われたコロ・フェスタに参加してきましたexclamation


※まえおき※
このコロ・フェスタ、毎年全国各地で行なっているんですが、今年の川上村は村長さんが実行委員長となって、村全体で協力してくださったんですexclamation×2
これほどまでに、合唱音楽という文化に深い理解を示してくださって、全面的に協力してくださる行政が存在するというのは、本当にいくら感謝しても足りないほど有難いことだと思います。川上村はとにかく素晴らしいところでした。


八ヶ岳……とにかく寒いexclamation×2
最高気温が11度だったんですが、11度がどのくらいの寒さかイマイチ見当つかなくて、『とりあえず2ケタあるし大丈夫だろ!』と侮って軽装で行ったらえらい目にあいました(笑)(笑)


着いてさっそく、午後から始まった1日目は作曲家による講習会るんるん

何気なく撮った会場の写真がいい感じでしたぴかぴか(新しい)
TS380129.JPG

国枝先生・寺嶋先生・信長先生のお3方ともそれぞれの異なる考え方をお持ちながらも、各々の手法で言葉と音の繋がりを考えていらっしゃって、すごく勉強になりました!作曲家が言葉をどんなふうに考えているのか聞ける機会なんてなかなかないよねわーい(嬉しい顔)

TS380130.JPG
会場のアンティークピアノが素敵だったひらめき
このスタインウェイいくらするんだろ?(笑)

1日目は、前日3時間しか寝てなくてとにかく眠かった…(ぉぃw

宿は山奥の真っ暗なところにあって、とにかく星がきれいだったexclamation×2ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
自然の美しさを久しぶりに感じられました……黒ハート
まぁ、そのぶん部屋の中にカメムシが何匹もいてハンパなくかったなんてご愛嬌もあったりしてwww


TS380153.JPG
ちなみに、川上村の宿では毎朝毎晩みずみずしいサラダが食べ放題でした揺れるハート揺れるハート


……2日目につづくexclamation右斜め上
posted by エバえもん at 00:27| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

CD『三善 晃 合唱音楽の夕べ』発売

NARC20471.jpg

今年の3月に行われた、樹の会による三善演奏会のCDがついに発売されました!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

三善晃 合唱音楽の夕べ
指揮:藤井宏樹/合唱:樹の会


商品形態
CD 商品番号
NARC-2047〜48 発売日
2008.10.21 価格(税込)
\3,000

[収録曲]
三善晃:
■混声合唱のための 地球へのバラードより
■金子みすゞの詩による 五つの詩曲より
■男声合唱とピアノ(四手)のための 遊星ひとつより
■混声合唱のための 五つの日本民謡
■女声合唱組曲 詩の歌より ■女声合唱のための 悲しみは
■無伴奏女声合唱のための かなしみについて
■女声合唱とピアノのための 三つの夜想
■合唱組曲 五つの童画より
■混声合唱と2台のピアノのための 交聲詩 海
■唱歌の四季より 夕焼小焼

[演奏者]
指揮:藤井宏樹、合唱:樹の会


日本アコースティックレコーズ様より発売中揺れるハート
ぜひぜひ聴いてみてくださいわーい(嬉しい顔)るんるん



エバえもん、初のCDリリースです(笑)
posted by エバえもん at 07:01| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。