2006年12月21日

『種を蒔く』ということ

定演が終わりました!


まちがいなく4年間で最高の定演でした。
演奏中は必死で耐えてましたが、終演後舞台袖で号泣でした。
(毎年のことですけどね笑)

うーん。。。
何から書けばいいかわかんないです。
いっぱいいっぱい想いが溢れすぎて。

とにかく、今までの合唱人生のすべてを昨日の演奏会にこめることができたと思います。まぁたった3年半ですけど(笑)

演奏を少し振り返ってみますと。
個人的には1ステが一番きつかったです。難しい曲が多かったので。しかも乾燥も手伝って余計にですね。だけど歌っていて気持ちを乗せやすいのはこういう日本語の曲だなあと感じました。もっと余裕を持って支えてあげられれば良かったですね><
2ステの宗教曲は個人的に好みの曲が多いこともありますし、たっぷりと響きを感じられる曲は歌っていて気持ちがいいのでけっこう満足度が高いです♪もちろん、気持ちよく感じられるようにいっぱいがんばりましたよ(笑)
3ステの民謡は…1曲目の三京ぬ後がけっこうバイヤーで申し訳ない限りですorz 他の曲はアンケートでもっとディナーミクを大きくしたほうがいいとご指摘を受けてしまったり(汗)ですがまとまりはかなり良かったと思います☆

そして、藤井先生の4ステですが。
本当に最高の時間を過ごすことができました。藤井先生と、そして市大混声のみんなと一緒に音楽を創っていたあの瞬間は、至福としか表現することができません。藤井先生から愛情をたっぷりと注いでもらって、僕たちも全力で、魂で応えることができたと思います。
そして、あの短い時間の中で、さらにほんの一瞬なのですが、遥か遠い遠い昔のイタリアの、モンテヴェルディに手が届いたような錯覚さえも感じました。
おかげさまでみなさんからも好評で、あの演奏を聴いてもらえて本当によかったと思います。観客として僕たちを支えてくださったみなさん、本当にありがとうございました。
最初で最後だったけれど、息子が情熱の全てを懸けていた市大混声の合唱を、お母さんに聴いてもらうことができて最高に嬉しかった。それが今年でよかった。

アンコールは武満徹の「翼」という曲だったのですが、もう疲労が溜まりすぎていたせいか低音が出ず、みなさん(特にベースさんたち)にご迷惑をおかけしました。気持ちだけは思いっきり歌っていたので許してください><;;


終演後は冒頭にも書きましたが、舞台袖からロビーでの挨拶までずっと泣き通しでしたもうやだ〜(悲しい顔)(笑)(笑)
最初は演奏中に堪えていたせいかあまり泣かなさそうな雰囲気だったのですが、ずっとずっとがんばっていた後輩のヘッド、唯一男声で同期だったPKRと立て続けに握手して労いあって。そして最後に藤井先生と握手して、先生の手の温もりから直接愛情を感じることができて。
もうそこからはダム決壊ですよね雨雨雨(爆)
来てくれたみなさん、ろくに挨拶もできず申し訳ありませんでした><;; もうありがとうございましたとしか言えませんでしたよ…。本当にただただ感謝なのです。ぴかぴか(新しい)



そしてタイトルなのですが、打ち上げで藤井先生がおっしゃっていた言葉です。

藝術の“藝”とは、種を蒔くという意味があるのだと。

藤井先生と僕たちが愛情をもって創りあげた音楽が、もし誰かの心に何かを残せたのなら、その音楽は藝術に昇華されるのだと。

そうなっていたら、もう歌い手側としては本望ですね。
大学での合唱は昨日で終わりですが、いつまでも種を蒔いていけるような合唱を続けていきたいと強く思いました。


今回の定演を通じて思ったのは、『出会い』に対しての感謝です。
市大混声は、僕が入部したころの3年前からは想像もできないほど大きな飛躍を遂げました。もうホント、定演がやれるってだけで大満足みたいな状態だったんです。
ですがいろんな人が市大混声に集まって、出会って。
そして先輩のつてで美城先生に出会うことができて。
さらに美城先生のお力添えで藤井宏樹先生にめぐりあえて。
その間にも、外部の方とも数多く出会うことがあって。
きっと、その出会いのどれかひとつが欠けていても、昨夜の定演はありえなかったと思います。
本当に、この出会いは奇跡。



昨日ほど、合唱をやっていてよかったと思えた日はありませんでした。
みんなに出会えて、よかった。
出会いの場が合唱で、本当に良かった。

今まで関わったすべての人たちに感謝します。
posted by エバえもん at 00:00| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ、文中では『昨日』となっているのに、日記の日付が定演当日ですね…(滝汗)

まあ、ご愛嬌ってことで(笑)

だってミクシィのコピペですから〜(爆)
Posted by エバえもん at 2007年02月14日 06:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。